誰にとっても人間関係は難しい、失敗して諦めるのはまだ早い

人と付き合うことに不安や恐怖を感じている原因は、そのほとんどが本人の思い込みだということは、あなたもおわかりいただけたと思います。

今悩んでいる人には残酷なことかもしれませんが、自分から声をかけることもなく、打ち解けようという態度を見せるわけでもない。

それなのに、周囲からは相手にされないと「どうも人間関係は苦手だ」とか「交際下手である」と落ち込んでいる人をあなたはどう思いますか。

「当人にしかわからん」「悩んでないお前には理解できん」と開き直ることに賛成ですか?

本当にそんなに何度も友人や恋人に裏切られてきたのでしょうか?

「何度も」とは何回、何人の相手でしょう?

実際には一度か二度、多くて三人、もしかしたら今回初めてかもしれません。

ほとんどの人が、同じように一度や二度は手痛い経験をしているのです。

あなたが尊敬しているあの人も、憧れのあの人でも同じなのです。

人間関係は難しい、だから失敗はつきものということです。

しかも人間関係の失敗は、自分の感情移入が激しいので、苦いしこり、辛い思い出として心に残りやすいのです。

ところがうまくいっている時や順調にことが運んでいる時には、その痛みを忘れてしまいがちです。

あなたも私も社会で生きていく以上、成功より失敗のほうが多いはずです。

だからと言って前進を止めるわけにはいかないのです。

うまくいった時の充実感を目標に、今のうちに大いに難しさを体験しましょう。

年齢に関係なくそんな時期もあるものです。

あなたは逃げなかったからこそ、今が苦しいだけなのです。

そんなあなたはとっても勇敢で素敵ですよ。


人間関係で悩んだ時、挫折した時の常備薬

情報を知れば、もうその価値がわかってしまう人がいます。

誰かが何年もの経験を通して知り得たことを語っているのに、それを一度聞いたり読んだだけでいいとか悪いとか、使えるとか使えないとか判断してしまう。

そんな頭のいい人がたくさんいます。

あなたが情報を知るだけだとしたら、ほんの30分もあれば、読み終わってしまうでしょう。

あなたがバイブルとなる情報を探していたとしたら、その情報に終わりはありません。仕事がうまくいかなくなった時、また人間関係に挫折した時、このサイトを再び読み返してみてください。

頭が痛くなったときのための常備薬のように応急処置に使っていただけたら、大変うれしいです。

あなたがより円滑な人間関係を築き、楽しい人生を歩まれることを心よりお祈り申し上げます。

このページの先頭へ